スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らしのおばあちゃん

11/8日(金)の称名寺散歩のことです。

ラブとみるくを連れて、午後からお散歩に出かけました。


DSC07649.jpg


この日の称名寺は風もなく、水面に逆さの景色がきれいに映っていました。


DSC07650.jpg
こっち向いて~。


モデル料でもあげないとこっちを向いてくれません。 (>_<)


DSC07648.jpg
池にはサギちゃんがいました


DSC07651.jpg
参道でお友達に会いました


今日はこれで帰り道につくことにしたのですが、途中で通りすがりのおばあちゃんに声をかけられました。


ラブとみるくを見て、とても犬が好きだった亡きご主人を思い出されたらしく、ご主人とのなれそめやら思い出やら、若いときのことなどなど、理路整然とお話をされていました。

称名寺を出たのが午後3時50分頃だったのでまだ時間もあるし、懐かしそうに思い出話をするおばあちゃんの気持ちもわかるので、立ち話ですがしばらくお話をしていました。。

おばあちゃんは78才で、20歳上のご主人様を20年前に亡くしてからずーっと今のお家で暮らしているそうです。
たぶんご主人様の方だと思いますが、息子さん3人は戦争でなくされたそうです。
それでは淋しいですよねって言ったら、私は変な亭主がいるよりも一人でいるほうが楽だから、全然淋しくないとおっしゃっていました。

変な亭主というのは、亡くなったご主人様のことではないのです。

亡くなったご主人様は、とっても素晴らしい方で、おばあちゃんに年を取ったら家賃を払うのは大変だからと言って、早いうちから、今お住まいの100坪敷地の庭付きのお家を買ってくれていたそうです。
犬もずーっと飼っていたそうです。
何から何まできちんとしてて、家族思いの優しいご主人様だったそうです。

私の、一人では淋しいでしょう?の問いに、そんなに優しくて大好きだったご主人様の後に、変な亭主がいるよりも・・・という意味なのでした。

私の言葉は大きなお世話だったと気づき、あ、ごめんなさいねと謝りました。
お食事も好きなものを食べて、夜ビールを一杯飲むのが一日の楽しみなのだそうです。

立ち話で30~40分くらいしていたでしょうか、暗くなってきたので、そろそろお家に帰って目薬を射さなくちゃと思い、話し続けるおばあちゃんを近くだというお家にお送りました。

すると、高くなっている石垣の上にぐるりと塀に囲まれた大きなお家でした。

門までお送りして、それではと帰ろうとしたら、柿をあげるから持って行ってとお庭に入れてくださり、お庭に入ったら、あらまあ~!! お庭がとっても広くて広くて…。

シェルティーを10匹以上でも飼えそうなくらいの大きなお庭でした。

お家も2階建てで、もう古そうでしたが何部屋あるんだろうというおうち…。
ご主人様すごいな~、ここでどんなわんこを何匹飼ってらしたのかしら・・・と思うほどでした。
ま、それは聞かずに想像を膨らませていました。

よっぽど写真を撮らせてくださいとお願いしようかなと思ったのですが、初対面で厚かましいと思い、
柿とお花だけ撮らせていただきました。


DSC07653.jpg


熟したものは、もう大分カラスにつつかれてしまったということでした。


DSC07656.jpg


DSC07657.jpg


2年くらい前までは、ずーっとお庭の手入れをしてくれていた人がいたそうですが、亡くなられてからはそのままにしているそうです。

そうだよね~、この広さではちょっとおばあちゃんには大変だよね~。
でもなんかもったいない感じだな~・・・。 は、言わずと飲み込んで…。

またそこでご主人様のお話と、息子さんのお話が出て・・・あれ?
聞くこと20分くらいかな??
あれれ?? さっき聞いたよ…。

時間は解からないけどだいぶ薄暗くなったので帰りますというと、途中まで送っていくというおばあちゃん。
もう暗くなってきたし寒いからと言う私に、大丈夫と言って歩き出すおばあちゃん。

少し歩いて、ここでいいですよ。

そしたらまたそこで、ご主人様と息子さんとなれそめのお話が…。
あ、ちょっと認知症が入っているんだ…。

理路整然で少し話している分にはわからないけど・・・。
そこでまた30分くらい…。 もう真っ暗…。

話の切れ目で、何度もまたね・・・と言おうとしたけど、でもそのお話をさえぎる勇気がありませんでした。
立て板に水状態。よくわかるお話。頭のいい人なんだな~…。

でももう帰らなくっちゃ、気温も下がってきたから、おばあちゃんの体にも悪いし。
ラブとみるくはおとなしく私に付き合ってくれている。
だけどあんよが冷たいだろうな…。
ごはんのしたくもあるし・・・。
頭の中ではぐるぐる…。

そしてようやく私の目が暗いと見えにくいことを告げると、そうだったの~?
じゃぁ、気を付けて帰ってね。

おばあちゃん、淋しくはない・・・けど話し相手がほしいんですね。
お散歩はよくしているというけど、近い将来お家が解からなくならないか心配になりました。
ご親戚は東京の方にいるとちらりと言っていたけど・・・。

そんなことを考えながらお家へ帰ると、もう午後6時を少し回っていました。

次の日の朝、いただいた柿をお父たまに剥いてあげたら、この柿は美味しいと言っていました。
昔食べた柿の味がすると言っていました。

おばあちゃんの話をしたら、じゃあ、また行ってもらってくればなどと笑いながらほざいていました。
じじぃ~!! (-_-メ)

お父たま、茶飲み友達になってあげたら~!!  
と、思う私でありました。

今度言ってみようかな…。  ^m^



今日の一品


DSC07646.jpg
セレベスの煮物
お父たまのリクエストでした。



本日もご訪問して下りありがとうございました。





















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ラブ&みるくのママさま

ブログ見てて、何だかおばあちゃまとのやりとりが目に浮かぶようでした。
おばあちゃま、話し相手がいて嬉しかったことでしょう。

お散歩してると色々な出会いがありますね。
ワンコのお陰ですね。

私も先日2頭連れてお散歩してたら、おじいちゃまに声をかけられました。
35年飼ってた犬(動物病院でもびっくりされる位長生きだったそうで)が亡くなって忘れられず、一人になってもお散歩コース歩いてるとのことでした。
まだ若いねって言ってジェスロとプリンス見るやさしい目がちょっと淋しそうでした。

この一週間ほどでプリンスが随分落ち着いてきて、何とかジェスロと一緒にお散歩できるようになりほっとしてます。
植えたばかりの葉牡丹食べてしまったりと、相変わらずいたずらっ子の食いしん坊ですが・・・

日暮れも早く寒い毎日、どうぞお体お気をつけて!

ジェスロ&プリンスママさまへ

本当にワンコのおかげで、いろいろな方とお話しすることができています。
昔飼っていたのですが…と、お声をかけてくださる人がなんと多いことか…。
聞いていると、ワンコがくれた思い出はみんないい思い出なのです。
悲しく分かれた方も多いのですが、一緒に暮らしていた思い出はみんなとっても良い思い出のようですね。
懐かしそうに優しい目で話しかけてくれます。
本当は飼いたいのですが、自分の年のことを考えると・・・ってみなさんそうおっしゃいます。

そして結構シェルティーを飼っていた方って多いのですね。
一昔前は人気犬種でしたものね。
またシェルティーが増えたらいいな~って思っています。

プリちゃん、ハボタン食べちゃうのですね。 ^m^
美味しそうな匂いがしたのかな。
みるくはなぜか、松ぼっくりが大好きです。
食べないけど、ガリガリやって壊しています。

36年も長生きしたワンちゃんすごいですね。
今まで聞いたことがありません。
今でも一人でお散歩コースを歩いているおじいちゃんの気持ちがわかるような気がします。 (T_T)
いつまでもおじいちゃんの心の中に住んでいるわんこ…。
一緒に生きた時間て、本当にかけがえのないものですね。




プロフィール

ラブ&みるくのママ

Author:ラブ&みるくのママ
ラブ(♀) 
2010年1月4日生まれ 
二代目 ハートフォードラブリートロット

みるく(♀) 
2011年1月31日生まれ 
三代目 オーシャンパシフィックパールミルクティー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。