スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデーの思い出

テレビでバレンタインデーの思い出とやらをやっていて、街中の方々にインタビューをしている場面がありました。
それで、もう遠い昔で忘れていたことを思い出したのです。

あれは私が中学3年生の時のこと・・・。

私はソフトボール部で、憧れの同級生はサッカー部にいました。

当時、郷ひろみがブレイクしていましたが、特別ファンでもなかったのに、どうしたものか、そのサッカー部の〇林君は郷ひろみに似ていたのですね。 
身長が高くて、お目目が二重でパッチリしていて、天然パーマで、いつも笑顔の男の子でした。

同級生なんですが、同じクラスにはなったことも無いし、もちろん一言も話したことも無い方でしたが、部活が校庭の隣同志だった、それだけでいつの間にか視界に入って来ていたのでしょうか・・・。
とっても気になる存在になっていました。

いわゆる片思いです。

放課後、校舎の2階の窓からサッカー部をこっそりと眺めていたり、誰にも気づかれないように一人で〇林君を見ていました。

サッカーがとても上手でした。

それでも、たった一人だけに心を打ち明けたのが、幼馴染のMちゃんでした。
Mちゃんは、〇林君とおんなじ4組だったのです。
でも、みんなには内緒のお話でした。

いよいよバレンタインデーの日、心を打ち明けられる日・・・。

私がどこの誰だかも知らないのに受け取ってくれるかな・・・、でも渡したいな・・・でも・・・でも・・・で、なかなか心が決まらなかった私に、Mちゃんのチョコレートあげれば? の一言で心が決まりあげることに・・・。

面と向かって渡すことなんてとんでもなく勇気がいる事でできないから、ドキマギしながら下駄箱の中にそっと入れることにしました。
名字は書かずに下の名前だけで。 知っているのはMちゃんだけでした。

あんのじょう驚いた〇林君は、「俺、○○○なんてしらないよ~!」と、教室のなかでお友達と、私のチョコのキャッチボールをしていました。  (>_<)

私は2組だったので、放課後何気に4組の前を通って目撃してしまいました。
それを見て気が付いた私は、陰で大泣き。 

やっぱり一言も話したことないし・・・あげた私がいけなかったんだ。 で、終わりました。


と、思いきや・・・。

その2か月後くらいに、その〇林君から私の自宅に手紙が届いたのです。
本当にびっくり仰天してしまいました。
なんで~???って思いました。



内容は・・・。

ごめん。 僕は君のことを好きでもない嫌いでもない、ただの同級生だと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

と、2枚にわたってチョコレート投げの謝罪の手紙だったのです。

なんで私だということが分かったのか…それも住所まで・・・???
後で聞いたら、幼馴染のMちゃんが一部始終を話したのだそうでした。

辛いやら、恥ずかしいやら、嬉しいやらで複雑な気持ちの私でしたが、Mちゃんの思いやりと、〇林君の誠実さが入り混じって、ようやく立ち直れた私がいました。

今からもう何十年前のお話ですが、テレビを見ていてふと記憶が蘇りました。


それぞれのバレンタインデーがありますが、嬉しい人も悲しい人も、青春の1ページとして思い出に残ると思いますので、今日を悔いなく生きてくださいね。



そんな青春時代にまた戻れたらいいな~、なんて思うラブみるくのママでした。




今日の一品

DSC03153.jpg
ポテトフライ




本日もご訪問してくださりありがとうございました。


















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ラブ&みるくのママさま

バレンタインデーの思い出、いいなあ~胸キューンなお話(^ ^)
何だか青春ドラマの主人公みたい♪
手紙届いた時ってドキッ!だったでしょうね(*^-^*)
私なんか、何もない(笑)
夢のない青春だったね~でもいくつかはあるかな!
今度会ったらね♪
まぁおばちゃんの昔話なんてシャレにもならないわね(笑)

No title

ほの甘くせつないバレンタインの思い出ですね。
いいお友達に恵まれてて、「青春!」な中学生活、いいなぁって思います。
私は中高一貫の女子校だったからか、タカラジェンヌのような高校生の
お姉様に憧れて、チョコレートを贈ったりしてた中学時代でした。
学校ではみんなやってたので特殊じゃないけど、あんまり一般的じゃないですよね~(^^;)

ラブちゃんとみるくちゃんは女の子だからバレンタインは関係ない日でしたね?

コスモスさまへ

手紙が届いたときは、もう本当に驚きました。
何で私があげたのをしっているの?
名前をきちんと書かなかった私は、ある意味卑怯なやつなのに、お友達から私のことを聞いて、私を傷つけてしまったことをしってお手紙をくれたなんて・・・。 すごいいい人だな~って今でも思っています。

今度コスモスもこっそり教えてくださいね。 こっそりね。 (*^^)v

ペリ犬さまへ

高校時代は女子高校だったのでわかりますよ~。
部活でエースの先輩はすご~い人気で、みんなからチョコとかラブレターとかたくさんもらっていましたね。
すごい取り巻きや追っかけがいたせんぱいもいました。
同性から憧れを抱かれるって、すごいな~と思っていました。

うちはバレンタインデーは何も買ってあげませんでしたね~。
今日になっったら、どこ吹く風?のような感じで。
ただただ、ひたすら家でゴロゴロしていました。
あ、熱はないのですが、風邪でのどが痛いのと咳で安静にしていました。
ポロたんは、骨骨チョコでしたね。
見ましたよ。 そういうのもあるのですね~。

青春の1ページ!

ママさんの胸の中にそっとしまってあった、ほろ苦く切ない青春の1ページe-420覗かせていただいて有難うございました(*^^*)
想像するに、きっと人目を惹くカッコイイ男の子だったのでしょうね~。
どうなるのかな?
読ませてもらいながらドキドキしちゃいました♪
私なんて、もっともっと無鉄砲なことして
赤っ恥かいた思い出がありますよぉ。
とても恥ずかしくてブログには書くことが出来ないので、
いつか笑い話として、お茶請けにでも
お話しさせてもらうかも~(笑)

Ramu's mam.さまへ

今だから言えるのですが、だいぶ後まで引きずっていていましたね。
自分で言うのも何ですが、奥手なほうでして、初めて男の人とお付き合いしたのが20歳の時だったんですよ~。
自分に自信もなくて・・・。
今となっては、そんな自分がいたなんて信じられないし、妹みたいに思えてしまう若かりし頃

今度ぜひラムママさんのお話も聞かせてくださいね。
(^O^)/
プロフィール

ラブ&みるくのママ

Author:ラブ&みるくのママ
ラブ(♀) 
2010年1月4日生まれ 
二代目 ハートフォードラブリートロット

みるく(♀) 
2011年1月31日生まれ 
三代目 オーシャンパシフィックパールミルクティー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。